定期的な埋め込みが必要 | 薄毛の悩みにさようなら、植毛で重度のAGAを治療しよう!
menu

定期的な埋め込みが必要

数種類の医薬品

植毛の方法として自毛植毛を選ぶのではなく、人工毛植毛を選ぶという人も非常に多くいます。
この人工毛植毛というのはビニールやポリエステルなど、医療用ウィッグを製造する際に使用される人工毛などを使用して行う植毛で、頭皮の毛穴に対して直接人工毛を埋め込み、髪が増えたような状態を作るのがこの人工毛植毛になります。
人工毛植毛という方法によって薄毛を改善する場合、頭皮のどこがどれくらい薄いのか、といったことを気にすることなく、埋め込みたい場所に人工毛を埋め込むことができます。
したがって、自毛植毛とくらべて行い易いというハードルの低さがこの人工毛植毛の特徴なのですが、人工毛植毛を行う際には知っておくべきことがあります。
それは「ランニングコストが高い」という事です。
自毛植毛というのは一度頭から採集した毛根を直接頭に植え付けるため、身体に対して毛根が定着すると後は自然と髪が生えてくるようになります。
しかしこの人工毛植毛の場合、人工物を頭に対して埋め込んでいるだけのため、洗髪やブラッシングといった日常的な行為によって髪が抜け落ちてしまうのです。
そして抜け落ちた髪はその後再び生えてくることはないため、1年に1度や半年に1度など、定期的に抜けてしまった髪を埋め込み直すという工程が必要となります。
したがって、ランニングコストという面で見るとこの人工毛植毛というのは非常に高額になってしまう場合があるのです。
そのため、人工毛植毛を行う際には必ずコストに対して把握した上で行うかどうかの判断をするようにしましょう。