時にはできない場合も | 薄毛の悩みにさようなら、植毛で重度のAGAを治療しよう!
menu

時にはできない場合も

瓶に入っている白い錠剤

自毛植毛を行って薄毛の解消を行う場合、注意すべきこととして「自毛植毛が可能な状態にあるかどうか」という点があります。
自毛植毛というのは自分の頭髪を今ある場所から薄くなっている場所に対して移植するという治療方法です。
したがって、自毛植毛を行う際には今ある髪が移植できるかどうか、というのが非常に重要となるのです。

自毛植毛で移植する髪というのは、側頭部から後頭部、両耳を後頭部側を経由し線で繋いだ際に作られるラインの上下にある髪となります。
この部位の髪はAGAが進行しても薄くなりにくい髪で、この部位の髪を毛根ごと切除し移植する、もしくは繰り抜いて移植する事になるため、もし薄毛がこの部位に対しても進行している場合には自毛植毛というのは行えません。
そのため、もし自毛植毛を検討しているのであればまずは「自毛植毛の際に毛を採集する部分が薄くなっていないか」というのを確認するようにしましょう。
また、個人で移植できるかどうかの判断ができないという時には医師に対して相談し、薄毛の進行度合いを相談しながら移植の可否を判断してもらうようにしましょう。
そして移植できると判断されたとしても、移植先にどれだけの髪を植えるかによって移植の可否は変化するため、どこに対してどれくらいの髪を植えるのか、というのをしっかりと伝えた上で判断をしてもらうようにしましょう。